フォトリーディングおよびPhoto Readingは米国ラーニングストラテジーズ社の登録商標です。
フォトリーディング
 
フォトリーディング集中講座トップへ  -> フォトリーディングとは
フォトリーディングとは    
 

正直、私の人生は、これからお話しするフォトリーディングによって、大きく変わりました。
それほどインパクトのある方法です。
これからお話しする内容は、真実であることを私がお約束します。

私は現在、コンサルタント、NLPトレーナー、そしてフォトリーディング・インストラクターの
3つの仕事をしています。サラリーマンだったころは、5つの事業部門を運営統括していました。


このような形で、複数の事業を同時に進めていくスタイルで仕事をしていますと、
日々大量の情報を処理しなければなりません。


そして、今もそうですが、自分を成長させるためや、事業の参考にしたい書籍は山のようにあります。心理学やマーケティングに始まり、セールスや人材育成に関する書籍、財務、そして、投資などお金に関すること・・・。その範囲は、多岐にわたります。

学歴なしで、しかも活字(読書)嫌いだった私は、実際フォトリーディングをマスターするまでは、月に1冊の読書すらままならない状況でした。

しかしながら、本を買うペースだけは、超一流。
山積みされていく書籍を尻目に『本は、買うことに意味がある!』などと、わけの分からない理由をつけては、新しいベストセラーを買い続け、本を買うことには満足感さえ覚える自分がいました。

ところが現実は、どうだったでしょうか。
仕事では、新しい情報や発想を得ることのない自分に進歩があるはずもなく、
悲しいかな、積み上げられた書籍を見て、そして成長していない自分自身に対してストレスが倍増していくのでした・・・


しかし今は、毎日1冊の本を読んでいます。
よほど忙しい時でも週に3冊は読んでいます。

しかも、理解力は以前より格段に良くなっているのです。

サラリーマン時代に残した結果や現在のビジネスが上手く行っているのは、フォトリーディングのおかげと言っても過言ではありません。

社会経験のなかった私の大きな支えとなったのが、フォトリーディングした書籍からの情報でした。
たくさんの情報を一気に処理できるようになった今では、新しいアイデアが豊富に湧いてくるようになり、 正直、自分自身でも驚いています。

こんなに早く読書が完了できるようになったわけは、米国で開発されたフォトリーディング・ホール・マインド・システムを学んだからです。 フォトリーディングとは、ズバリ写真を撮るように毎秒約1ページのスピードで、本を読んでいく手法です。

考えてみてください。

どんな大学教授でも、ある専門分野の本を1000冊以上読む人はいないといいます。
現実には、本を60冊読んだら特定の分野ではトップクラスの知識を持つことができるでしょう。
このように知識を吸収するスピードを速めることができれば、たった60日で、権威になるほどの知識を持つことができるのです。


実は、私たちのように今までの何倍ものスピードで本を読めるようになっている人が増えています
既に、日本においてフォトリーディングを学んだ人のほんの一部の声を紹介すると・・・


■ 会社員 マネージャー 勝亦 徹 様
「多忙だとしても月に10冊以上、本が読めるため、情報のインプット量に合わせて活動のアウトプット量も増えていき、日々アイデアを実践していくのが楽しくてなりません。 」

■ 英語学習アドバイザー 大前みどり様
「フォトリーディング集中講座受講後から約2ヶ月、 平均して1日2冊くらいを読んでいます。
 芝先生の丁寧なレクチャーのおかげで、スムーズにメンタルブロックというか「本当にできるの?」という疑いの心がなくなり、ああ自分でもできるんだとスーッと思えたので、とても感謝しております。」

■ 会社員 伊良波 整 様
「初めて読む分野の本でも、すんなり読めるようになりました。また、通常読みのスピードが3〜4倍に速くなった。会話の中で、突然読んだ内容が溢れだすことがあります。」


その他、多く寄せられている声をピックアップすると。。。

 ・ 今まで最大の難問であった大量の書類や定期購読紙、書物の読解が驚くほどに簡単になった。

 ・ 短時間であっても、一旦フォトリーディングをした書物については 自信を持ってその内容を話せる
      ようになった。

 ・ 英語の辞書のフォトリーディングをはじめたところ、英語が非常に身近に感じられるようになった。


一体、なぜ読書スピードが格段にアップするのか?

繰り返しますが、速読とは違います。

フォトリーディングは、大脳生理学、認知心理学、神経言語プログラミング、そして加速学習(アクセレラティブ・ラーニング)の最先端の知識をベースに開発された、情報処理のスピードを高める技術です。


人間の脳が、4%しか使われていないことは、ご存知だと思います。
しかし、残り96%をどのように使えばいいのかについては、誰も教えてくれませんでした。

左脳は言語を、右脳は図や絵を処理します。このように役割分担があります。
左脳は、7±2バイトの情報しか処理できません。
これは電話番号が8桁以上になると覚えにくくなることからも分かります。

しかし、右脳は、イメージを処理する脳ですから、写真のように何百万バイトもの情報を撮り込むことができます。
フォトリーディングは、左脳と右脳の役割の違いを踏まえ、全脳をバランスよく活用します

その結果、大変なスピードで、文書が処理できるようになるのです。


次のグラフは、「天才(Genius)」と題された米国のテレビ番組(United and Documentary Television制作)で放映した際に使われたデータです。
フォトリーディングを行う学生の脳波を記録したものです。

背の高い波がある部分は、通常の読書の状態です。
その波のパターンが、フォトリーディングを始めたとたんに、背が低い波になります。
「心のなかでのムダ話」が中断され、集中力が高まったことが分かります。

フォトリーディングを開始したとたん、
脳波が、瞬時に変わります。
フォトリーディングをしたとたん、脳波が、瞬時に変わります。
IBVA技術による脳波記録図

どうすればフォトリーディングができるのか?

実は、フォトリーディングという作業は、全脳を使って読書を行うフォトリーディング・ホール・マインド・システムの1ステップなのです。この読書システムは、「確かにいいけど、日常では使えない」という通 常の速読法と異なり、日常でも無理なく使い続けられるように設計されたシステムで、次の5つのステップを踏みます。
はじめのステップ  
はじめのステップは、読書に対する明確な目的をもち、読書に最適な状態に入る「準備」をします。

学校では、とにかく目の前にある文字を読み始めることを教えられました。
しかし、読書を効率的に行うには、読み始める前に、読書の目的を明確にする必要があります。そして画期的なミカン集中法を使うことにより、読書に集中できる状態に入ることができるようになります。
第2のステップ  
第2のステップは、「プレビュー」です。
この作業により、これから吸収していく情報を、整理し、分かりやすく格納していくことができるようになります。
第3のステップ  
第3のステップは、「フォトリーディング」です。
一頁一秒の速度で、ページをめくっていきます。左脳を使わないようにして、情報処理スピードの早い右脳で、情報を吸収していきます。フォトリーディングは、スピード学習モード(Accelerative Learning State)に入ることで可能になります。
第4のステップ
第4のステップは、右脳に蓄積された情報を、日常で使えるようにする作業です。
「アクティベーション」というテクニックを使って、顕在意識上に、フォトリーディングで吸収した情報を引き出していきます。
最後のステップ  
最後のステップは、高速リーディングです。
これは通常の読書に近い読書法です。しかし、いままでの4つのステップと組み合わせることにより、読書に対する柔軟性が生まれ、理解力も確かなものになっていきます。
   

あなたが、このフォトリーディング・ホール・マインド・システムを学んだ瞬間から、期待できる成果は、次のとおりです。

  どんな本でも、3〜5分で、その要約を把握することができる。
  多くの本から、10〜15分以内に、その中心的なアイディアを抽出することができる。
  通 常の読書に比較して、3分の1から、10分の1の時間で、読書を完了することができる。
  新聞・雑誌等の記事でも、30秒〜60秒で、内容を把握することができる。
  電子メールを早く処理できるようになる。
  短時間で読んだ本でも、自信をもって、その内容について語れるようになれる。


 「胡散くさいなぁ。本当に、こんなことができるのか?」と、あなたもお感じになると思います。
私自身、胡散くさいなぁ、と感じたことをはっきりと覚えています。ですが、これが本当の話だったとしたらすごいことになる。そう思ってすぐさま受講してみたのでした。
今思えば、この決断は私のビジネスにそれまでは想像も出来なかったような成果をもたらしてくれた、大きな大きな出来事でした。


実際、調べてみると、フォトリーディングは、大変、信憑性の高い教育法であることが分かりました。
アメリカにおいては、学校として認定されるのは、並み大抵のことではありませんが、フォトリーディングを研修する米国ラーニングストラテジーズ社は、ミネソタ州の正式な教育機関として政府より認定されています。

さらにフォトリーディングは、歴史と実績でも群を抜いています。既に20年間、実践され、その受講生は、全世界で20万人を超えています。

さらに、日本でもベストセラーになった、「1分間マネジャー」共著者、ケン・ブランチャード博士、そして、「頭脳の果て〜アインシュタイン・ファクター」(きこ書房)のウィン・ウェンガー博士も、次のようにコメントしています。

「現在、各界のリーダーは、新しいアイディアをすばやく吸収し、幅広い分野における重要なトピックについて把握し、専門分野については常に動向をフォローしていなければならない。以上をすべて可能にするのが、フォトリーディング・ホール・マインド・システムだ。」  
 ケン・ブランチャード博士

「人間の読書スキルの開発という観点から見ると、フォトリーディングは、極めて自然な進化プロセスであるだろう。」                                   ウィン・ウェンガー博士


●なぜフォトリーディングは、不可欠なスキルなのか?

フォトリーディングは、年齢に関わらず、誰でも学べる方法です。
繰り返しますが、既に開発されて20年、全世界で20万人以上が学んでいます。

ところが、日本においては、いままで誰もこの方法を教える人がいませんでした。この情報処理テクニックを知らず、いつまでも情報鎖国でいることは、アメリカをはじめ世界各国から、日本がますます引き離されるということを意味します。これは致命的です。そこで、「日本でもフォトリーディングを普及していかなくては」という義務感が湧き起こり、私は今、フォトリーディングのインストラクターをしているというわけです。

私が使命感をもって取り組んでいるのは、指導者層(経営者等、社会の変革を担いリーダーとなって活躍する人、およびその候補者)の情報処理スピードの加速化です。

そして今回、私があなたにご案内するのは、このフォトリーディングを完全に身につけるための集中講座なのです。

フォトリーディングを学ぶ方法 

フォトリーディング・ホールマインド・システムを学ぶのに最もいい方法は2日間もしく は3日間の「フォトリーディング集中講座」に参加することです。私は今回よりこの講座は学習効率を重視した人数(通常30人程度に限定)で行っており、最短距離で、あなたの情報処理スピードを上げることができます。


私は開発者ポール・シーリィによって認定されたインストラクターとして、フォトリーディングの素晴らしさを、是非、多くの方にお伝えしたい。

そして、あなたの能力を次のステージに引き上げていくお手伝いが出来ればと強く願っています。


フォトリーディング集中講座は、ただ単に机に座っていればいいという講座ではありません。
多くの演習がある体験型のセミナーです。さらに、情報を吸収するだけではなく、発信していく側面 についても、 未知の世界があることを実際に体験していただきたいと思います。



あなたと、セミナー会場でお会いできることを楽しみにしています。

フォトリーディングインストラクター 芝 健太

日程を確認する   フォトリーディング集中講座の日程を確認する    

 

フォトリーディング集中講座トップ | フォトリーディング( 速読術 )とは | 参加者の声 | おススメの本
芝健太とは | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記


コミュニケーション検定 | コーチング NLPプロコーチ認定コース | ジーニアスNLP&フォトリーディングクラブ
NLPとは | NLP総合情報サイト | 日本コア・トランスフォーメイション協会 | 日本NLP協会

Copyright © Kenta Shiba / Genius Brain Inc. All Rights Reserved.